Posted on

Luggage Truss (ラゲッジトラス) 、tern製を購入しましたのできっかけと購入方法を。

Luggage Truss (ラゲッジトラス) 。

Dahon 製自転車の多くに採用されているその機構は、ヘッドチューブに穴つきのブラケットが溶接され、専用のラゲッジトラスを装着すれば純正・社外製問わず、色んなアクセサリを付けられる。

Dahon + Dahon 純正ラゲッジトラス
Dahon + Dahon 純正ラゲッジトラス

前後カゴが付いていない Dahon をママチャリ的・ツーリングのフロントバッグなどの用途で使う際に必須といえるものです。

Dahon 乗りには欠かせないであろうこの部品、純正は安いのですが、デザインが今ひとつ。

本体色は黒とシルバーなのですが、アタッチメント部分になぜか黄色と赤色が混在するため、自転車の色と合わせにくいことが難点でした。

購入したきっかけ

元々ラゲッジトラスのアタッチメントである KLICKfix に対応したカバンを持っていまして。

なおかつ、近場のお買い物用にカゴなど取り付けたいということで。

Tern 製の Luggage Truss

Tern というこれまた折りたたみ自転車のブランドから、Tern 純正のラゲッジトラスが発売されているのです。

Luggage Truss™ | Tern Folding Bikes | Japan

本体色は同じく2色、黒とシルバー。

ただアタッチメント部分が大きく違います。

鍵付きで、赤しか使われていません。

なおかつ、両者共に完全な互換性があります、Tern 製のほうが良さげですね。

ということで比較表を作ってみました。

Dahon と Tern のラゲッジトラス比較表

Dahon 純正 Tern 純正
見た目 Dahon + Dahon 純正ラゲッジトラス Tern 純正ラゲッジトラス
カラー シルバー、ブラック シルバー、ブラック
アダプタ オリジナル △ KLICKfix 純正 ◎
耐荷重 5kg 7kg
定価 ¥3,675 ¥5,250

 

耐荷重、デザイン、アタッチメントに於いて Tern 製のほうが優れていると思います。

その分、価格に反映されているといったところでしょうか。

Tern サイトで提携ショップを確認し、取り寄せしてもらうことに

直接取り寄せるか、提携ショップで取り寄せてもらおうと考え、Tern のサイトでディーラー検索を。

ディーラー検索 | Tern Folding Bikes | Japan

私は最寄りのショップが Y’s road 大阪 さんでしたので直接店頭に行き、店員さんに品名を伝え取り寄せを依頼。

依頼後、在庫があったという確認を頂き、めでたく取り寄せしてもらうことに。

2日ほどで入荷の連絡があり、店頭へ取りに行き

Tern 純正ラゲッジトラス
Tern 純正ラゲッジトラス

無事、Tern の Luggage Truss (ラゲッジトラス) を手に入れることができました。

ショップさん・メーカーさん様々です。

取り付けが楽しみです。