投稿日:

愛車 DAHON IOS P8 の泥よけ(フェンダー)を外して軽量化を目論んでみました。

泥よけ。

フェンダーというやつです。

わたしの用途では通常雨の日に乗らない&舗装路しか走らないため、軽量化のために泥よけを外しました。

折りたたみ時に少し邪魔になるという理由もあったりします。

せっかく外したので記録と共に。

必要な工具

  • アーレンキー
  • グリス
  • メガネレンチ(またはソケットレンチ)

いつものセット+メガネレンチです。

フェンダーの外し方(前輪)

前輪から。

前輪のフェンダーはフロントフォークのダボ穴(左右)とフォークのセンター穴で固定されています。

フロントフォーク部分はボルトを外すだけ。

ワッシャーが間に入ってるので、なくさないよう気をつける。

外した後はボルト&ワッシャーをダボにつけておくとなくさないので付けておいた。

ボルトだけを戻す形
ボルトだけを戻す形

フォークのセンター穴部分はゆるみ止めナットが使われているため、アーレンキーだけでは外せません。

dahon_ios_p8_fender-4845
メガネレンチでナットを掴んでアーレンキーで回せば良い。

これも外したボルトは付けておきました。

ボルトナットを元に戻す
ボルトナットを元に戻す

フェンダーの外し方(後輪)

続いて後輪。

シートステーのところはフロントフォークと同じようにメガネレンチ&アーレンキーで外す。

シートステーのフェンダーダボ
シートステーのフェンダーダボ

左側はなぜか乗り出し時に内側から止められていて、車輪を外さないといけませんでした。

車輪を外して
車輪を外して

で、右側なんですけども、フェンダーを外してボルトを締め込むと、チェーンに干渉してしまったため別途ナットを間に入れて事なきを得ました。

取り外されたフェンダーがこちら。

dahon_ios_p8_fender-4855

フェンダーの重さ

さて、フェンダーが無事に取り外せたので重さを量ってみました。

0.5kg ぐらいあるんじゃないかしらと思ってはいたのですけども、そこまで重くなく、343グラムでした。

343㌘
343㌘

before & after

フェンダーあり&なしの比較です、すっきりしましたー。

まとめ

折りたたみ時にフェンダーがぶつかってしまったりしてましたので外してよかったなぁと。

雨の日には乗らないので問題なし。

取り付けは10分もかからずできるので外して保管しておこうと思います。